TOPページへもどる





くま手片手に浜の春を満喫 ▼ 山田アサリ祭り ▼
春恒例のやまだアサリまつり(山田町、町観光協会主催)は、
同町織笠の織笠川河口で開かれ、家族連れが潮干狩りや磯遊びを楽しんだ。

穏やかな陽気に誘われ行楽客約4,300人が参加し、開始の合図とともに干潟に繰り出した。

会場には織笠漁協がアサリ約5トンを放流。参加者はくま手を使って思い思いに砂の中を探り、浜の春を満喫した。

花巻市から訪れた五味渕卓さん家族は「眺めが最高。たくさん採りたい」と笑顔で広げた。


大型連休前日の中日となった4月28日の岩手県内は、さわやかな青空が広がり、行楽地やイベント会場は大勢の家族連れなどでにぎわった。